2014年07月31日

2014.7.31 高齢者の独居の危険3

2014.7.31 みなさんは、近所のおじちゃん、おばちゃんに
いつ頃から声を掛けなくなったでしょうか。いや、ちゃんと顔を見たら
朝のあいさつやちょっとした会話はするよ。という人もいると思います。
この朝の挨拶、ちょっとした会話が高齢者には大切なんです。
元気な時は、必ず笑顔で返事を返してくれます。しかし体調が悪いと
素通りしたり、愛想がなかったり、いつもの時間に通りに居なかったりと変化が出てきます。
まだまだ元気なお年寄りはたくさんいらっしゃいますので、過剰な気遣いは必要ないかもしれませんが、
「気にかけてあげる」、「ちょっと変だな」と感じるお付き合いぐらいは、日頃からしておくと、
緊急性の高いことも少しは減るかもしれません。
今年もこれからが夏本番です。老若男女、体調に十分気を付けてください。
最近オーナー様の自主管理を推進する動きがあります、もしお困りことが
ございましたら、株式会社マルサライフサービス078−231−3400へお問い合わせください。
営業は平日午前9時から午後6時までです。土日祝日は、ご予約にて相談業務を承ります。
posted by マルサライフサービス at 13:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

2014.7.30 高齢者の独居の危険2

2014.7.30 今朝も高齢者のお世話をしている方から電話がありました。
7月24日・25日の連日気温37度になっていた時に、自宅で熱中症に掛かり、
救急搬送されたとのこと。処置の後、独居では生活困難と判断され、
高齢者施設に入所されるため、賃貸契約を解除したいのですが、どのように
対応、処理したらよいですか?とのお問い合わせでした。
介護支援の方々の連携で、一命をとりとめられたわけですが、
介護や支援を受ける方法をご存じない方や、どうしてもプライドが
許せないという方もいらっしゃいます。
 神戸は中学校校区単位で、「あんしんすこやかセンター」という
高齢者支援相談の窓口があります。ぜひご利用いただき、
安心して高齢者の方々がいきいきと生活して頂ける街づくり・地域に
なると良いなあと思います。
神戸市中央区あんしんすこやかセンター  http://www.smilenet.kobe-sumai-machi.or.jp/sagasu/kaigo/list04.php?d=02&c=%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%8C%BA
posted by マルサライフサービス at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

2014.7.29 高齢者の独居の危険1

2014.7.29は、「高齢者の独居の危険性」についてお話します。
事情があって独居生活を始められる方が、徐々に高齢になって来ていても
家主さんや賃貸管理会社は、修理などの要請がない限り、お部屋に入ることは
ほとんどありません。
その為に、利用物が散在したり、ごみの分別が思うように行えず
俗にいうゴミ屋敷状態になっているケースもあります。
私達賃貸管理会社は、できる限り入居者様と接点をもって、状況の
変化をつかもうとしていますが、なかなか受け入れて頂けないのが現実です。
賃貸物件を独居で借りられる方は、ぜひ本音でご自身の状況を賃貸管理会社に
伝えて頂き、万一の時の対応や対策(*1)を取って、ご入居頂くことをお勧めします。
注*1 緊急通報にかかわるツールなど
posted by マルサライフサービス at 20:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。